良い女、かずみん

‪最近は簿記の試験に向けて、毎日勉強を頑張っています。
試験勉強の息抜きで動画をいろいろと観ていたら、乃木坂46高山一実ちゃん(かずみん)にはまってしまいました。
乃木坂の中では、比較的バラエティ番組に出ていて、面白い担当?の子だと思います。

以前、かずみんがバラエティ番組に出ているのを見たことがあり、「面白い子だな〜」と思いましたが、特にファンになるほどではありませんでした。
しかし先日たまたま乃木坂の動画を観ていて、かずみんの性格の良さそうな雰囲気に、すっかりやられてしまいました。笑

かずみんは美人なのに親しみやすそうで、頑張り屋さんなところが、尊敬できます。憧れです!

私も、かずみんのような良い女を目指します!!
まずは簿記を頑張らないと…。笑

名前の持つ魔力

苗字にさん付け、名前を呼び捨て、名前にちゃん付け、あだ名、先生、今までいろんなふうに呼ばれてきたけど、もし結婚するなら苗字を捨てて嫁いでいくんだな。
苗字をはじめ、全てを捧げても良いくらいのひとと早く出会いたいんだけど夢みすぎかな?

と、今日は考えていました。私は名前の持つ魔力が好きです。

映画「La La Land」感想

今日の午後、日本に帰ってきました!

実は飛行機の中で、ようやく映画「La La Land」を観ることができました。感想を書いておきます。‬

フライトで疲れていた上、‪英語で観たので、見落としや理解の甘いところが多いと思います。それでも感動しましたし、最後には泣いてしまいました。機内で、ひとりで…笑‬

以下は割と致命的なネタバレもあるので、観るつもりの方は読まないことをおすすめします。


‪・昔、ミュージカルをやっていた身として、すっごく楽しい映画でした。‬やっぱりミュージカルが映画ジャンルの中では一番好きです。
‪・衣装がカラフルで、風景も綺麗!おかげで、機内でぼーっとしていても楽しめました。笑‬
‪・Someone In The Crowdの入り(「you got the invitation♪」のところ)が格好良くて鳥肌が立ちました!あとは同曲のドライヤーのくだりが好きです。‬

 

・MiaとSebのただの恋愛ストーリーではなくて、仕事観や人生についても考えさせられました。‬
‪・恋愛における「この人と付き合って結婚するのか、それとも別の人を選ぶのか」、仕事における「自分のやりたい仕事をやるのか、やりたくはないが食べていくために仕事をするのか」、というように人生における選択がテーマになっているような気がしました。

・特に私くらいの年齢で、生き方を模索中のひとにはこの映画のテーマが刺さるかもしれません。‬


‪・仕事については、ただ努力するだけではどうにもならないことが多いと最近就活を経て感じました。それでも、「やりたいこと」「食べていけそうなこと」ぜんぶ挑戦してみるしかないのでは?と思いました。やりたい仕事が上手くいかないのは、実力がまだ足りないだけかもしれないし、食べていくための仕事がつまらなく見えても、やってみたら案外楽しいかもしれないですよね。‬
‪・ただ、やっぱり何しても上手くいかない時期はありますよね。。感情移入して、悲しくなりました。

‪・でも、世間が振り向いてくれないときに周りが味方で居てくれたら幸せですよね。Miaが「私は美人でもないし演技の才能も無いからオーディションに落ちる」と嘆くとSebが「そんなことはない、挑戦しよう」と言うシーン、私もそう励ましてくれる彼氏が欲しいと思いました()‬
‪・ただ現実の私は、結構厳しいことを言ってくるひとを好きになる傾向があるので、現実と理想は違うのかもな…と思ったりもしました。


‪・‬最後のシーン、ひとはみんな、パラレルワールドを想像しながらも、現実を生きていくのだな、と考えさせられました。‬

・‪「あのとき頑張っていたら失敗しなかったかな?」とか「あのとき挑戦していたら成功していたかな?」とか思うことって誰しもあるはずだけれど、それでも現実は現実として大切にしていくべきであると私は思います。

・MiaとSebは、二人での「あったかもしれない」未来を妄想しながらも、ちゃんと最後に笑ってお別れして、そこがすごく良い終わりに見えました。恋愛についても、目の前の人ときちんと向き合うこと、そして仕事についても、やりたいかどうかは別として目の前のことを一つ一つ真摯にやっていくことが大事なんじゃないかなあと思います。これは私の理想論です。恋愛マスターでもないし、働いた経験もないので。。

駐在員妻の暮らし

留学前、私は現地の生活について知るため、現地に住む日本人のブログをよく読んでいた。

ほとんどは、駐在員の奥さんが書いているものだった。

 

ブログをやるなんて駐在員の奥さんは暇なんだろうなあと思っていたが、今、似たような暮らしをしていて、確かに暇だなあと実感している。

 

家にはビュッフェでの朝食がついていて、毎日お手伝いさんが来て掃除やお皿洗いをしてくれるhousekeepingのサービスもついている。

夕食づくりや洗濯・アイロンがけくらいはやっているが、用事がなければ一日家にこもっているので大した手間ではない。

友達とも毎日会うわけではない。

時間がたっぷりあるので勉強しようとは思うものの、せっかく日本を離れたのでのんびりしたい気分になり、何もしない(これはただの怠惰)

 

そういうわけで、昼間はだらだらとネットばかりしている。

 

今の暮らしは気ままで良いのだが、ひとつ不満なのが、家主があまり構ってくれないことである。

仕事が大変なのは分かるが、疲れたと言ってすぐに寝てしまう。。とか、

私の誕生日のランチはガイドさんがその場で教えてくれたところだったのに、友達とのランチのお店はちゃんと調べるんだ。。とか

被害妄想というか神経質かもしれないけどこっちがそう感じてしまうのだからその通りではないか?

 

しかし、こう思うのも家でだらだらしてエネルギーがありあまっているせいである気がしてきた。

「将来、結婚や出産をしたら、家族のために専業主婦になるのもいいかも」と思っていたが、私には無理だと分かった。仕事をしていないと、いらいらしてくる。。

 

正直めんどうだが、ちゃんと勉強をしたり友人と会ったりしよう。。明日からは。。。

浄水器をつけた

浄水器のつけ方わかんないから、暇な時につけといて」と言われて、つけてあげたけど…どうしてわからないのだろうか。英語の説明書だったけど、あの人ふつうに英語できるのに。

と思ったが、私は一向に地図を読めるようにならず、特にグーグルマップを見ながらタクシーで指示を出すのは無理なので、今住んでいるところにさえ一人では帰れない。お互い様だと思うことにした。

…さて、私は今、例によって海外に居るのだけれど、日本は大丈夫だろうか。
日本に居る私の家族や友人が安全でありますように。

メンターさんとランチ

先日、内定先の社員さんとランチをしました。

ランチには、2人の社員さんが来てくれました。
内定者は私だけでした。

私1人に対し、3人もの社員さんがメンターとしてついてくれています。
私の会社の人事は割と適当だと感じていたので、ちゃんと囲い込みのイベントがあったとは、びっくりです。

「私のメンターさんがイケメンだったら就活をやめよう」と思っていましたが、予想以上にイケメンでした。
なので、安心して囲い込まれることができました。

私が言うのもおかしいですが、インターンの時から内定先は結構イケメンの社員さんが多いなあと思っていました。
就活中は他社でちょっとむさ苦しい男子大学生・おじさんの社員にも会いましたが、内定先はシュッとした人が多いです。
女性も皆さん活動的で、仕事もプライベートも充実していそうな、きらきらした方が多いです。
先日のランチで社員さんにその印象を申し上げたところ、「帰国子女も多いし、けっこう可愛い子が多い」と言われました。

浮かないように、入社前までに英語と外見と人柄を磨こうと思います!

ライターと接客のバイト

こんにちは。
11日ぶりのブログです。
もしチェックしてくださっている方がいたら、すみません。
一応、定期的に更新しようと思ってはいるのですが…。

最近は、バイトばかりしています。
様々な種類のサイトを運営しているベンチャー企業で働いています。
端的に言えば、ライターをしながら、雑用をしています。

ライターとしては、サイトに載せるための、いろんな記事を書いています。
いわゆる「まとめ記事」だったり、「紹介記事」だったり、「コラム」だったりします。

雑用の仕事は、主に二つあります。
一つは来客の応対です。
基本的には郵便を受け取る仕事です。

二つ目は、電話の応対です。
基本的には取引先からかかってくるので、クレームなどはなく、やりやすいです。

そういうわけで、まあまあ忙しいです。
来客応対と電話応対は、今までやったことがなかったし、対人なので最初は抵抗がありました。
でも、社会人になるうえで避けては通れないと思って、嫌々ですがやっています。。笑

一方で、ライターの仕事にはやりがいを感じています。
文章を書くのは、小さい頃から好きでした。
いつか自分で書いた文章でお金をもらってみたい、と思っていました。
とてもささやかですが、夢が叶って嬉しいです。

ひとまず今のバイトを頑張ろうと思います。