読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春樹『ノルウェイの森』

一か月ほど前、村上春樹の『ノルウェイの森』(英語版)を読み終えた。
日本語では読んだことがないが、私は恐らく英語の方が好きだろうと思う。

本を読み終えてから、ネットで色々な感想を探した。
どこかで「簡単にセックスしたり、自殺したりする登場人物が多く、現実的ではない。感情移入がしづらい」という意見を見つけた。
私はこの小説は、話の筋よりも、登場人物の会話のやり取りを楽しむものなのではないかと思った。

読み終えた直後に書いた感想文を以下に載せておく。


Finally I finished reading "Norwegian Wood". It took two months even though I had much free time...
I found many books written by Haruki Murakami here in Indonesia. Of course I have read some of his works in Japanese, but actually I have never tried to read the English ones. To be honest, I didn't like his style of expressions or metaphors in Japanese, but I got a different impression after I read the English version.

I would like to introduce my most favorite lines:

"Will you do me two favors?"
"You may have up to three wishes, madame."

「じゃあ私のお願いをふたつ聞いてくれる?」
「みっつ聞くよ」

"C'mon, say something to me."
"Whaddya want me to say?"
"Anything. Something to make me feel good."
"You're really cute."
"Midori." "Say my name."
"You're really cute, Midori."
"Whaddya mean really cute?"
"So cute the mountains crumble and the oceans dry up."

「ねえ、ねえ、何か言ってよ」
「どんなこと?」
「なんだっていいわよ。私が気持ちよくなるようなこと」
「すごく可愛いよ」
「ミドリ」「名前つけて言って」
「すごく可愛いよ、ミドリ」
「すごくってどれくらい?」
「山が崩れて海が干上がるくらい可愛い」

I like the English version better than the Japanese one after all...