読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

帰国

先週末は旅行で忙しかったのだが、その際に風邪を引き、そのまま未だに治っていない。
そのためブログの更新も滞ってしまった。

昨日の未明にアパートを出て、昨晩、ついにインドネシアから帰国した。
熱があり、咳もひどく、重いキャリーバッグを引いて帰るのが大変だった。
エアアジアの乗務員さんに「これを上に乗せてください」と言ったら「重いな…」と言われた。
ちなみに何故か「上」だけ「above」ではなく「atas」(インドネシア語)と言ってしまった。
エアアジアはマレーシアの航空会社なので、アナウンスがマレー語だった。今年の春学期にマレー語の授業を取っていたので懐かしく思った。

乗り継ぎのクアラルンプールで「fatigue away」という、ビーツ、にんじん、りんごのミックスジュースを飲んだ。
マスクをした、いかにも具合の悪そうな私がこれを頼んだので、店員さんがにやっとしてくれた。

羽田空港まで、母が車で迎えに来てくれた。
クアラルンプールでぼーっとしていて母に連絡をするのを忘れていたせいで、心配したと言われた。
空港のトイレに行ったのだけれど、あまりの清潔さとボタンの多さに引いた。

外に出てみて、まず「空気が澄んでいる」と感じた。
冬の冷たく乾燥した空気だからか、インドネシアの汚い空気をいつも吸っていたからか、そう思った。
車で帰る道中、田舎でも道路がコンクリートで完璧に舗装されているのに感動した。

家に帰って体重を計ったら、何も食べていないせいか1kgくらい痩せていた。
風邪で辛かったけれど、寒かったので、お風呂に入った。
インドネシアの私のアパートではお湯が出なかったし、湯船も無く、シャワーブースとトイレの仕切りも無かった。
それに慣れてしまえば日本でもそういう家で暮らせるような気がしていたけれど、やはりインドネシアだから我慢できていただけだと感じた。

今日もまだ具合が悪く、母がりんごとバナナのスムージーを作ってくれた。
朝ご飯と昼ご飯には、食欲が無かったけれど、うどんを作っておいてもらって少しずつ食べた。
寝ていたら少し快復してきて、夕方ごろには甘いものが食べたくなり、母が作ったりんごのコンポートを食べた。
シナモンがかかっていて美味しかった。

夜は家族で豚しゃぶを食べた。まだ体調が悪く、ほとんど食べられなかったけれど、久しぶりに豚肉を食べることができた。
インドネシアムスリムの多い国なので、豚肉を食べる機会はほとんど無かった。

こういう風に書いてみると、母は本当に料理が好きなのだなと改めて思う。
私がインドネシアに居る時も、母は度々、作った料理の写真を送ってきていた。
年末年始はバイトはせず料理でもするかと意気込んでいたけれど、私が料理する隙は無かったのだと思い出した。

今日はクリスマスということで、母がプレゼントにピアスを買っておいてくれた。
一日中寝ていたので何も特別なことはできなかったけれど、日本に帰って良かったと思った。