読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖父と

今日は祖父が私の家に遊びに来てくれて、家族みんなで居酒屋に行った。
 
祖父に「勉強ばかりしていて取っつきにくかったけれど、今日一緒に飲めて楽しかったから、また行こう」と言われた。
先日は母にも「インドネシアから帰ってきて、団体生活に慣れたのだなと思った」と言われた。
留学する前の私は、どれだけ他人を遮断して生きていたのだろうかと申し訳ない気持ちになった。
少なくとも留学を通して他人との生活に慣れたようなので、良かった、と思うことにした。
 
もちろん今後もずっと一人で生きていくことになる可能性はあるけれど、今はそうなるのは心底嫌だと思っているので多分そうはならないと思う。
前は一人でも楽しく生きていけると思っていたから、留学しないまま大人になっていたら私はずっと一人で生きていくことになっていたのかもしれない…恐ろしい…