読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空から降ってきたもの

先ほど夜道を歩いていたら、上から何かが降ってきた。
暗くて何が降ってきたのか分からなかったので無視した。
街路樹の葉か何かだと思っていた。
 
家に帰って服を脱いだら、煙草の吸殻のようなものが付いていた。
 
よく見たら、鳥のフンだった。
 
私は本当に、服を愛している。
服屋さんでバイトをしていたこともあるし、何より服を大切に着ている。
例えば満員電車で知らない人の傘が服に当たっただけでも結構萎える。
 
そんな私のお気に入りのコート、ワンピース、スヌードに鳥のフンが付いていた時の私の絶望を想像してみてほしい…
 
しかし私はへこたれず、悲しみに暮れながら鳥のフンを完全に除去した。
もう大丈夫です。