読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーツは戦闘服

好きな男性と久々にデートしたらスーツを着てきてくれていた。

彼のことは着古したTシャツ姿であろうとも好きだけれど、襟付きのシャツを着てくれている時はもっと好きだと思っていた。
ましてやスーツを着てくれるなら、もうI will follow you的な感情になった(?)
どうしてこんなにスーツへの執着があるのか自分でもよく分からない。。

ただ、一緒に写真を撮ってもらったら、我ながら引くぐらい自分がにやけていて気持ち悪かった。
「帰りは気をつけろ、へらへらしてて危ない」と言われるほど浮かれていた。
とにかく、無事に帰ってこられて良かった。
(のろけてすみません)