真面目に就活をする者は愚かだ

さっきも某就活のセミナーに参加してきた。

ここ1か月ほど、就活をしていて気づいたことがある。
それは、就活に時間をかけてはいけないということだ。
厳密に言えば、時間をかけようと思ってはいけない。

例えば、受験勉強なら1日にできるだけ勉強することが大切かもしれない。
特に第一志望校を決めて、それに受かるように過去問研究をすることが重要だ。
それに対し、就活は時間をかけようとすると際限がない。
世の中にある企業の数は膨大すぎるし、「他にもっと良い企業があるかも」と考え始めたらキリがない。

私はもう、最初に内定をくれた会社に入りたいという気分になっている。
だいたい、「ここでなら働いても良いかも」と思えるようなところにしか応募しないのだから、そのあとは別にどこでも良いように思える。
結局は、「この会社が良い」と思うのは気の持ちようである気がする……。