コンピテンシー面接を受けた

今日は朝から某社の面接に行ってきた。

インターンの面接で、そんなにすごく行きたい会社というわけではなかった。
それに、インターン中は毎日眠れないほどきついらしいので、受かりたくないなあと思った。
そもそも朝起きたときもあまり行く気がしなかったが、やっぱり練習になったので行って良かった。

就活に関わるサービスをやっているだけあって、独特な面接だった。
小学校から大学までの自分の人生について根掘り葉掘り聞かれた。
最終的に「あなたのことがよく分かりました。良い面接になったと思います」と言われた。

ただ、今の私とは変わっているところも多いし、勝手に分かったと言われるのもな…と思った。
私のアピールしたい部分などを言う機会が無かった。

こういう面接は、コンピテンシー面接というものらしい。
またこうした面接があってもいいように、きちんと対策をとっておきたい。

それに今日の面接はあまり上手くいった気がしていないが、自己分析になって良かった。
「その部活で何が辛かった?あなたはどう行動した?」などをかなり深く聞かれた。

時間をとって自己分析をする必要性を感じた。